認定看護師|特定行為看護師


認定看護師|特定行為看護師

認定看護師

リソースナース会
リソースナース会は、認定看護管理者である看護部長が会長を務め、1回/月会議を開催しています。 会議では、勉強会の企画・活動報告・院外活動・提携病院の感の連携を検討しています。また、ニュースレターを1回/2ヶ月発行し、 院内の活動報告やトピックスについて情報提供をしています。
当院には、救急看護認定看護師、感染管理認定看護師、慢性心不全看護認定看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師、がん化学療法看護認定看護師が在籍しています。 各々の認定看護師がPHSを持ち、組織横断的に活動しながら困難事例に迅速に対応し、看護の質向上に繋がるように取り組んでいます。 また、医師らとともにMorbity(合併症)&Mortalty(死亡)カンファレンスにも参加し、医学的情報から看護の視点でアセスメントを行い、 日々のケアに活かせるよう現場にフィードバックしています。院外活動としては、地域住民にむけての医療公演や学会発表、 他施設の医療職との事例検討会を開催するなど、積極的に活動しています。
救急看護
救急看護認定看護師は、緊急度・重症度が高い患者さんのケアに関して、医師や他職種と連携しながら介入しています。組織横断的に活動し、 急性期の看護実践能力向上に努めています。患者さんの急変対応はもちろんですが、急変の可能性を早期に認識し、チームで回避できる取り組みにも力を入れています。 「命を救い、生を支える」看護師を育成するため部署毎の勉強会や、地域住民に向けた研修会を行い、地域の救急医療を支えています。
感染管理
患者様やご家族、ご面会の方々、病院職員といった病院に関わるすべての人を対象に感染から守り、感染を広げないことを心がけ活動をしています。 実働部隊として日々活動しているのは、ICT(感染制御チーム)で、医師、看護師、薬剤師の多職種で構成しています。 感染管理認定看護師は専従として院内全体の感染症発生状況を把握し、現場の対策確認やICTへの情報発信、教育活動、マニュアルの整備等行っています。
慢性心不全看護
心不全は、あらゆる心疾患の終末像と言われています。増悪と寛解を繰り返しながら心機能は低下していくため、生涯にわたり向き合っていかなければなりません。 慢性心不全看護認定看護師は、患者様とその患者様を支えるご家族が、病気を管理していく大変さや苦悩の理解に努め、生活の質を保ちながら療養を続けられるよう、 高い技術と専門的知識を持って支援します。超急性期から人生の最終段階に至るまで、入院・外来問わず「心疾患とともに生きる」患者様と、そのご家族の支援を行います。
皮膚・排泄ケア
皮膚・排泄ケア認定看護師は、その名の通り皮膚と排泄のケアを行なっています。褥瘡やストーマなど病棟にかかわらず、フットワーク軽くお伺いします。 どんなことでもPHS・メールでご連絡ください。入院中の患者さんには様々な皮膚障害のリスクが潜んでいます。しかし皮膚障害となってから発見されることも少なくありません。 清潔・保湿・保護の基本行動を合言葉に皮膚障害を予防し、美肌を目指していきましょう
がん化学療法看護
当院では消化器がん(胃がん、膵臓がん、大腸がん)に対して、毎週月曜日に化学療法室で抗がん剤治療を行なっています。化学療法室は6床のリクライニングチェアとベッドからなります。 抗がん剤の種類、患者さんの状態から副作用を予測し、セルフケアができるように指導を行っています。高齢者の患者様も多く、生活の質を維持しながら、納得して治療を続けられるように、 医師・薬剤師・看護師で連携しサポートさせていただきます。

特定行為看護師

特定行為看護師とは、患者さんの病状を診察し、医師と連携しながら一定の手順書(※1)に沿って、特定分野の診療行為を行うことができる看護師を指します。 特定行為は看護だけでなく、専門的な知識を学ぶことで一部医行為を手順書に従い、迅速に患者へ提供することが可能となります。


※1.手順書とは

医師又は歯科医師が看護師に診療の補助を行わせるために、その指示として作成する文書を指す。 「看護師に診療の補助を行わせる患者の病状の範囲」、「診療の補助の内容」等が定められている。

特定行為研修は、自分のスキルアップだけでなく看護の視野を広げるきっかけとなり、医師との対話に幅が広がりました。 迅速に安全に患者へ処置を実施できる活用性のある資格と感じています。
H.M
当院はスキルアップのためのサポートが充実しています。当院で特定行為研修を修了させてもらい、 援助を必要とする患者さんへタイムリーに関わることができやりがいに繋がっています。
K.R