病院のご案内


2020年度新人看護師紹介



社会人を経験し、子育てをしながら看護師となり整形外科病棟に配属されて6カ月が経ちました。今までとは違う環境の中、緊張と不安で毎日を過ごしていましたが、プリセプターをはじめ、病棟の先輩看護師の皆さんの丁寧なご指導のもと、少しずつ職場と業務に慣れていき、日々過ごすことが出来ています。 整形外科病棟は手術や入退院の多い病棟です。毎日何件もの手術が行われるため周手術期看護を学ぶことができています。知識不足で自分の未熟さを痛感することも多いですが、これからも初心を忘れず、日々努力し、患者さんの個別性に応じた看護を提供できるよう頑張っていきたいと思います。
 
M.Y
入職当初は初めての事が多く先輩看護師の後ろを着いていくのが精一杯でしたが、消化器内科・外科病棟に配属されてから半年が経ち、様々な患者や疾患に触れて多くの事を学ぶ事が出来ました。毎日勉強に追われ大変な時もありましたが、プリセプターや教育担当者を始め、先輩看護師から親身に教えて頂き乗り越える事が出来ました。 一つ一つ出来る事が増え、患者さんの病状回復する姿をみてやりがいを感じています。コツコツと確実に技術や知識を深め、患者に寄り添った看護を出来るように自己研鑽していきたいです。
 
R.H
循環器内科・脳外科病棟に配属されて6ヶ月が経ちました。わからない事ばかりですが、先輩方に優しく丁寧に、多くのことを教えていただきながら日々勉強しています。入職したばかりの4月と比べるとできる看護技術も増えていき毎日やりがいを感じながら患者様と関わっています。先輩看護師から多くのことを学んでいき、患者様が必要とされている看護は何かを常に考えながらケアを提供できるような看護師に成長していきたいです。
 

A.N

OR・中央検査センターに配属され、6ヶ月が経ちました。 手術看護の実践として、心理的支援、麻酔看護、体位管理、感染予防、体内異物遺残防止、機器管理、チームマネジメントなど広範囲に渡り、チームで成り立っている器械出し看護師と外回り看護師としての役割において、日々学ぶことばかりです。中でも現在は主に、整形外科、消化器外科に関する手術で器械出し看護を習得中ですが、外回りを行うにあたっての知識や観察点なども、先輩方からご指導頂いております。 まだまだ未熟ですが、患者様からすれば皆等しく医療職者であるため、患者様の安全・安楽・尊厳を守り、手術が円滑に進行できるように、自立に向け研鑽していきたいと考えております。
 
K.T